郡山市の家庭教師【津野】

考える方法を教えることができる理由

作成者:津野航平

最終更新日:

家庭教師自身の能力

考える方法を教えるためには、教師自身が一定の考える力を持つことが必要です。なぜなら、生徒の考え方の妥当性を評価するためには、考える力が必要となるからです。

家庭教師の過去の状態

同時に、考える方法を教えるためには、考えることが上手くいかない状態も知っている必要があります。なぜなら、その状態を知らなければ、何が問題なのか分からないからです。

この家庭教師は、大学入試では現代文がとても苦手でした。

考える方法の調査

この家庭教師は、自分の考える力に真剣に向き合ってきました。

読解力の乏しさに悩み、病院で知能検査を受けたこともあります。

また、東京大学では、最高裁判所の判決文や一流法学者の著書などを読みました。そして、それ以来、一流法律家の思考と言語の方法を研究してきました。その期間は、8年以上になります。

まとめ

以上の理由から、この家庭教師は、お子様に考える方法をお教えすることができます。