実績ある上質な教育をお子様にも。 / 050-5327-2073
郡山市の家庭教師【東京大学卒】

直接型家庭教師

定義

直接型家庭教師とは、家庭教師のうち、保護者と家庭教師が直接に契約するものです。

直接型家庭教師の経済

次の表は、直接型家庭教師の収支をごく大まかに表したものです。

直接型家庭教師の収支
収入支出
授業料事務所費
広告費

直接型家庭教師は、授業料の増加によって、利益を増やします。

授業時間の合計

1人の家庭教師が対応することができる授業時間には、限度があります。したがって、一定の集客力のある家庭教師は、授業時間の増加によって収益を増やすことができません。

1家庭あたり授業時間

直接型家庭教師は、生徒宅の間を移動する時間も考慮する必要があります。

1人の家庭教師が担当する家庭は、通常、点在しています。したがって、1日に対応することができる家庭数には、限度があります。

1つの家庭でより長い時間の授業を行うことができれば、授業時間に対して移動時間を減らすことができます。そのため、家庭教師は、できるだけ、1つの家庭でより長く授業を行おうとします。

直接型家庭教師の授業料

直接型家庭教師の料金は、十分に集客することができる場合、高くなります。他方、連続して授業を行う場合には、割り引きされることが多くあります。

直接型家庭教師は、授業時間に上限があるのでした。したがって、価格を下げて授業時間を増やすことは、メリットがありません。むしろ、集客力のある家庭教師は、授業料の引き上げによって、生徒を絞り込むことが必要となります。

他方で、1つの家庭で長く授業を行う際には、家庭に授業を長くするメリットを与える必要があります。そのメリットの与え方には、授業時間が伸びるごとに1時間当たりの授業料を減らすというものがあります。

直接型家庭教師の意義

集客力のある直接型家庭教師は、高度な指導力を背景に、生徒に合った家庭教育を行います。これは、次の教育機関で行えるものではありません。