実績ある上質な教育をお子様にも。 / 050-5327-2073
郡山市の家庭教師【東京大学卒】

家庭教育

家庭教育の定義

近代家族において、ある夫婦の間に生まれた子どもは、いつかは「成人」となります。そして、自らの生存に責任を負うことになります。

生きるためには、一定の知識と技術が必要となります。保護者は、生存のために必要な知識や技術を、その子どもに教えることになります。

家庭教育とは、ここでは、子どもに対して家庭で行われる教育を意味します。

家庭教育の方法

学習意欲が強い子ども

学習意欲が強い子どもは、自動的に、家庭で学習します。そのため、学習するためには、家庭内に学習施設があれば十分です。

学習意欲が中程度の子ども

「中程度」とは、学習すべきであると思ってはいるが実行できない状態を意味します。

この種類の子どもは、学習施設があっても、放っておくと学習しません。そのため、学習施設とは別に、学習を監督する者が必要となります。

結局、学習のためには、次の2つが必要となります。

  • 学習施設
  • 監督者

学習意欲が弱い子ども

学習意欲が弱い子どもは、学校を利用したとしても、学習を促進することができません。なぜなら、学校が学習を促進するためには、「学校は学習のための場である」という規範が子供に通用することが必要だからです。

家庭教育が原則であること

近代家族は、原則として、成員が必要とするサービスを自給します。したがって、近代家族の成員である子どもが必要とする教育サービスは、原則として、他の成員が供給することになります。

近代家族は、成員が必要とするサービスを自給しない場合、他者からそのサービスを購入します。家庭教師学校の教育サービスを購入することは、教育サービスを家族から外部化することと言えます。

家庭教育の社会的意義

子どもは、学校教育に対し、自らの利益を守ることができません。特に、次の子どもは、少数派であるため、学校教育において尊重されないことがあります。

しかし、家庭教育というものの存在によって、学校教育においても、保護者が子どもの利益を保護することになります。

典型的な近代家族では、子どもは、親の強い愛情の下に育てられるのでした。また、保護者は、子どもの利益を守る責任を負っています。愛情と責任感を持つ保護者は、子どもの利益を最大化しようとします。

子どもの教育においては、家庭教育が原則なのでした。また、教育を学校に任せている保護者も、本格的に家庭教育をする可能性があります。そのため、保護者は、学校教育を否定しても、子どもに教育を受けさせることができます。

したがって、保護者は、子どもの利益のために、学校教育の内容や方法に反対することができます。

親と、親が認めた者だけが、子供のしつけの担い手の資格を持つような状況になってきたのだ。それゆえ、家族外のしつけや教育の機会は、親が選択し、許可・準備してやったものに限られることになる。