福島県郡山市の家庭教師―津野

家庭教師派遣業者について

家庭教師派遣業者の長所

業者自身が言うには、家庭教師派遣業者には、次の長所があります。

  • 「合う教師」の選択

家庭教師は、無数に存在します。その中から家庭教師を選ぶことは、難しいかもしれません。

家庭教師派遣業者に任せるメリットは、業者が複数の候補から「合う教師」を選んでくれることです。合わない家庭教師が来た場合には、すぐに交代させることができます。

「合う教師」とは、どういうことでしょうか。指導方法が合っているということではありません。なぜなら、家庭教師派遣業者は、家庭教師自身より指導内容に詳しいわけではないからです。

ある家庭教師派遣業者のパンフレットには、次のようなことが書いてあります。

勉強が苦手な子を教える家庭教師は、勉強ができたり教え方が上手であったりするだけでは務まりません。「勉強が嫌い」、「勉強ができない」という気持ちに寄り添いながら、やる気を引き出すというメンタル面のサポートが求められているのです。

家庭教師派遣業者は、指導方法よりも、教師の人柄などによって生徒のやる気を引き出すことを重視します。

家庭教師派遣業者の短所

家庭教師派遣業者には、次の長所があります。

  • 接触制限

家庭教師派遣業者は、生徒と教師の間に入ることで利益を得ています。したがって、保護者が教師と直接に契約して派遣業者から離れてしまうことを防ぎます。業者は、教師が生徒と授業外で接触することを制限します。

例えば、教師は、生徒に対し自分の電話番号を教えることができません。

授業外での学習相談は、教師自身ではなく業者のスタッフが応じることになります。業者スタッフは、生徒の現状や目標について教師以上に詳しいわけではありません。

家庭教師派遣業者が存在する理由

家庭教師派遣業者は、なぜ存在するのでしょうか。

家庭教師派遣業者の長所は、「合う教師」を選んでくれることです。これは、実際に授業が行われる前に、合うかどうかが分かるということです。

しかし、合うかどうかは、家庭教師本人のウェブサイトを見ることによって、ある程度判断することもできます。例えば、私が合うかどうかは、このサイトの次のページを見て、ある程度判断できると思います。

したがって、「合う教師」を選ぶことは、家庭教師派遣業者の独自の長所ではありません。

家庭教師派遣業者が存在する理由は、家庭教師に代わって広告をするからです。

家庭教師に代わって広告をする理由1

家庭教師個人が広告を行うことは、経済的に難しいのです。

1人の家庭教師が担当できる授業回数は、多くとも週15回程度でしょう。その15回のためにチラシを地域に配ることは、通常、家庭教師の売り上げに対して費用が大きくなります。

家庭教師に代わって広告をする理由2

家庭教師は、ほとんどがアルバイトの大学生です。

彼らが自分で広告をすることは、ありません。なぜなら、地域における自らの知名度を高める必要がないからです。数年以内に大学を卒業し、家庭教師をやめることになるからです。