郡山市の家庭教師【津野】

考える方法の必要性

作成者:津野航平

最終更新日:

考え方は、次のようなことに発展します。

  • 学習
    • 最初からアウトプットしやすい状態でインプットすること
  • 語彙ごい(単語)と文法
    • 主語と述語を理解すること
    • 1つ1つの語の意味を分類して覚えること
    • 品詞(動詞、名詞など)を理解すること
  • 論理的文章
    • 与えられた文章の主旨を理解すること
    • 導入から結論に至る過程を理解すること
    • 自ら論理的な文章を作ること
  • 数学
    • 数式を読むこと
    • 各種図形を自由に扱うこと
  • 英語
    • 様々な表現についてなぜその言い方になるのかを理解すること
    • 日本語より複雑な修飾をスムーズに読み取ること

逆に言えば、考えることについて基礎がない限り、上に挙げたことは、仮に1日に12時間勉強しようとも不可能です。