福島県郡山市の家庭教師―津野

この家庭教師が選ばれる理由

目次

  1. 成績を上げた実績
  2. 家庭教師の人柄など
  3. 東京大学卒
  4. 家庭教師自身の能力の開示

成績を上げた実績

指導前中学英語読めない
指導中90分授業
\(\times\)
週3回
\(\times\)
7か月
指導後東大入試
英語長文
和訳できる
センター試験
英語長文
得点率
78.3%

ある高校3年生は、中学レベルの英語も読めませんでした。その7か月後には、東大入試の英語長文も読めるようになりました。

これは、とても急な変化です。この変化の原因は、何でしょうか。

彼は、確かに、大変な努力をしました。しかし、努力する受験生は、たくさんいます。ここまで伸びる受験生は、多くはないでしょう。

彼が通っていた高校は、進学校ではありませんでした。そのため、高校の授業は、英文の読み方をしっかり扱っていたわけではありません。

結局、この急激な変化の原因は、彼の努力や環境だけでは説明できません。

彼は、その7か月の間、この家庭教師に教わっていました。この変化の原因には、この家庭教師の教育も挙げられるでしょう。

なお、このケースでは、英語に特化した90分授業を週3回行いました。

この家庭教師の人柄など

家庭教師は、単に教えれば良いというわけではありません。家庭教師の役割は、生徒の能力を、本人や保護者が望むようにできる限り伸ばすことです。そのために、家庭教師は、生徒や保護者にとって「良き隣人」でなければなりません。

担当している生徒様にこの家庭教師の人柄などを伺いました。

  • 意見を尊重してくれる。
  • 話をきちんと聞いてくれる。
  • 堅苦しくない。
  • 命令しない。
  • 怒らない。

また、保護者様にも伺いました。

  • 学習状況をよく説明してくれる。
  • 学校の様子などを聞き出してくれる。
  • 能力を分析してくれる。
  • 性格や特性を尊重する。

東京大学卒

選ばれる理由として多く挙がるのは、この家庭教師が東京大学を卒業していることです。

教師の学歴と指導力の間には、関係がないと言われることがあります。しかし、そのように一概に言い切れるわけではありません。その理由については、こちら(『教師の学力と指導力』)をご覧ください。

より深く教えるためには、教師自身の学力が必要になります。東京大学を卒業していることは、より深く教えることができるという1つの証拠となるのです。

家庭教師自身の能力の開示

人の能力を調べるためには、実際にやって見せてもらうことが大切です。単に「できる」と言うことは、証拠として不十分です。

家庭教師について説明するウェブサイトは、同時に、家庭教師自身の考える力を示すものでもあります。

当ウェブサイトの説明には、全体を通して、次の3つの特徴があります。これらの特徴は、この家庭教師の考える力を示すものです。

  • 整理されている
  • シンプルである
  • 過不足がない