実績ある上質な教育をお子様にも。 / 050-5327-2073
郡山市の家庭教師【東京大学卒】

学習の監督

定義

子どもは、次のことを理解していたとしても、必ずしも強い学習意欲を持つとは限りません。

つまり、次のことが起こります。

また、子どもの行動は、学習という目的のために合理的であるとは限りません。例えば、試験前にノートを整理することは、意味がありません。

これらの問題に対しては、他者が学習を監督することが有効です。監督とは、次の2つを言います。

同時に他のことをすること

学習の効率は、同時に他のことをすると、大きく下がります。そのため、学習を効率化するためには、学習に専念することが必要です。

「同時に他のことをする」とは、例えば、次のようなことです。

  • YouTubeを見ながら学習すること。
  • 音楽を聴きながら学習すること。

監督するために必要なこと

監督するためには、以下のことが必要です。

諸条件の整備

監督者自体は、対象者に義務を課す立場ではありません。なぜなら、監督するためには、次の2つが事前に決まっていることが必要だからです。

  • 監督の対象者
  • 義務の内容

また、対象者は、すでに命令されているので、自分がすべきことを理解しています。

これら2つのことから、監督者が「義務を果たせ。」と対象者に命令すること自体は、意味がありません。むしろ、監督者は、義務に対し中立的な立場から、対象者が義務を果たせるように諸条件を整えることを求められます。

「諸条件を整えること」は、次のような、義務の外部から損益を与えることを意味しません。

  • 報酬を予告すること
  • 制裁を予告すること

なぜなら、監督者は、義務を肯定することになり、義務に対し中立性を失うからです。

他方、義務の内容を確認することは、「諸条件を整えること」に含まれます。

義務に関する知識

監督するためには、対象者がどのような義務を課されているのか知っていることが必要です。なぜなら、それを知らなければ、対象者が義務を果たしているかどうか判別することができないからです。

学習の監督

諸条件の整備

学習の監督において、諸条件の整備は、具体的には、次の3つから成ります。

  • 学習施設の整備
  • 集中力の保持
  • 学習方法の確認

学習施設の整備には、次のような例があります。

  • 適切な学習書を用意すること。
  • 机や椅子いすを用意すること。
  • 室温を快適なものにすること。

集中力の保持には、次のような例があります。

  • よそ見を指摘すること。
  • 適切な間隔で休憩をさせること。
    • 休憩中に雑談をすること。
    • 休憩中におやつを与えること。

義務に関する知識

学習の監督において、義務に関する知識は、具体的には、次の2つから成ります。

  • 学習内容に関する知識
  • 学習方法に関する知識

教師に対する監督

学習の監督は、教師が行う授業に対しても行うことができます。その監督方法には、例えば、次のようなものがあります。